自分ってどこにいますか?要介護5の不自由な身体でもその中には元気な義母がいる

日記
スポンサーリンク

要介護5の義母をみていつも思うことがあります。

「いつも何を考えいるんだろう?」

って。

現在の義母の状態は、

  • 要介護5
  • 完全寝たきり状態
  • 四肢麻痺
  • 腸ろう
  • 気管切開
  • てんかん発作あり

と、誰かが介護しなくては1人では生きていけない状態なんです。

つまり分かりやすく説明すると、

  • 完全に首から下が動かせない
  • 手足も全く自分では動かせない
  • 腸に管を通してそこから栄養と水分を補給する状態
  • 首(喉の部分に)にカニューレという器具を通していてそこから呼吸をし声が出ない状態
  • たまに身体が膠着して震える発作が起きる

という事。

とてもかわいそうな状態なのです。

スポンサーリンク

どんな状態でも義母は義母

「もし自分がこういう状態になったらどうなるのかなぁ?」

なんて想像したりもしますが、いつも義母に接すると思うことがあります。

それは義母は上記のような状態なので声が出ませんが、僕が仕事から帰宅して

「ただいま~!」

と言うと一生懸命に僕の方に目を見開いて見てくれますし、時には口をパクパクさせて

(お帰り!)

と言ってくれます。

また何かを話しかけても耳を傾けて聞いてくれますし、身体は不自由ですが義母は義母なのです。

スピリチュアリズムって知ってますか?

霊感?

ってイメージがある人がほとんどだと思います。

そうあの強い霊感をもつ「江原啓之氏」で広まったスピリチュアリズムです。

僕も最初のイメージはそうでした。

霊感はほとんどなく興味という枠だけでテレビ番組を観ていた記憶があります。

その後、本屋さんでたまたま見つけた江原啓之氏の本を読んでイメージはガラリと変わったのです。

一般的に『霊』というと

  • 怖い
  • 恐ろしい
  • 見てみたい
  • 存在しない

など、人それぞれ思うことは様々です。

しかしスピリチュアリズムの入り口は『霊』ですが、もっと深い部分の世界なのです。

要介護5の義母をスピリチュアリズム的に捉えると見えてくるものがある

義母と普段接していてスピリチュアリズム的にみると、こんな例え話が義母に当てはまると思ったことがあるのでご紹介したいと思います。

自分ってどこにいますか?

「僕」、「俺」、「私」、「わたくし」と話す時にどこをさして話すでしょうか?

会話中に自分を指す場合、ほとんどの人が胸のあたりに手をやり

『自分』

といいませんか?

自分自身は心の中にある。

そして心とは胸の中にある。

そう説いています。

なかなか難しい話ではありますが、自分自身って肉体の中にいるってことです。

要介護5の不自由な身体でもその中には元気な義母がいる

そんな要介護5の義母を見ていると元気な時の義母が見えてくる時があります。

見えると言っても実際に見えるわけではなく、

不自由な身体の中には元気な義母がいる!

と感じることです。

スピリチュアリズムの話がピッタリハマるんです。

自分自身は魂

ここまでくると霊的な発想になってしまいますが、なかなか興味深い話ですよね。

だから今の人生が終わりを迎える時には、身体は滅びても自分自身の魂は滅びない。

帰るべき場所がちゃんとあるようなのです。

今のこの人生は

自分自身=魂

で、『学び』が今世でのカリキュラムだそうです。

人生つらいことや悲しいこと、乗り越えなければならないことを経験し、それらの壁を乗り越えて学んでいく。

それが人生で魂を磨き上げるための課題だということみたいです。

そう考えると介護は辛いですが何か楽になるような気がしませんか?

身体が不自由な義母は故障した車の運転席にいる

江原氏の本にはとてもしっくりときた話が載っていました。

自分自身の魂が今のこの身体に入り、人生の経験を通して色々と学んでいかなければならないようです。

この話を分かりやすい「車」の例え話で説明しています。

  • 今現在の自分の肉体⇒車
  • 自分自身の魂   ⇒車の運転者

運転している自分が本当の自分自身の魂で、いろんな所に車(肉体)で運転していく。

車は故障したり廃車になれば、それが病気だったり死だったりということらしいのです。

そして次の新しい車でまた運転していく。

次の生まれ変わりのことですよね。

何か妙に納得できる話だと思います。

この話を冒頭に書いた義母にあてはめると納得できるのです。

要介護5の状態の義母は

車は故障してしまったが、運転している義母自身はしっかりと車の中に存在している

だから僕が話しかけても車(肉体)は正常に動かないけれども、その中でも一生懸命に答えてくれたり話を聞いてくれたりしていると思うようになりました。

見かけは障害者ですが、義母自身ははしっかりとその肉体の中にいると信じています。

みなさんはどう思いますか?

僕はかなり納得しているんです。

スーッと入ってきた話です。

最後に

要介護5の義母は、まだ右手が動かせ口から食べられ会話が出来ていた時から知っています。

現在はこの全てが出来なくなりさらに不自由な身体になってしまいましたが、その肉体の中には間違いなく元気な義母がいると実感する時があるんです。

目線で何かを訴えてくる感じがしたり、口を動かして何かを話しかけてきたり。

そんな実感することが、江原氏が説くスピリチュアリズムの内容にピタリとハマるんですよね。

僕自身は何の宗教にも入っていませんが、スピリチュアリズムの世界は特に介護で悩んでいる人には知っておくと心に詰まっているものがとれると思います。

現実をしっかりと受け止めて、介護と共に歩んでいきたいと思う今日この頃です。

created by Rinker
¥1,320 (2021/11/27 00:33:21時点 楽天市場調べ-詳細)

ポチっとしていただけると今後の記事更新の励みになります👇

Follow me!

コメント

PAGE TOP