夜勤ヘルパーが次々とコロナ陽性!濃厚接触者となった義母危うし!!

コロナ疑惑アイキャッチ画像

コロナ禍も3年目。

まだまだ予断を許さない状況ですが、要介護5の寝たきりの義母を在宅介護しているわが家にとってもいつもピリピリ状態。

なんとか家族全員ここまで無事にやってこれましたが、先日とても肝を冷やす出来事がありました。

目次

毎週入ってる夜勤ヘルパー

夜のイメージ画像

わが家では重度訪問介護で夜勤ヘルパーを毎晩入れています。

基本は23時から朝の9時まで。

義母は気管切開のため喀痰吸引が必要で、いつ上がってくるか分からないので昼夜目が離せません。

またてんかん発作もたまに起きるので見守りと夜中に痰だしの体交、水分補給、ネブライザーなどのケアをやってもらっています。

夜中のこういったケアもしっかりとやっているおかげか、夜勤ヘルパーを毎晩入れるようになってからは入院騒動が1回も起きていません。

われわれ夫婦も夜はしっかりと睡眠が確保できるし、とてもありがたい存在なんです。

新人ヘルパー連れてくる

介護ヘルパー

現在わが家の夜勤ヘルパーは4人で回していますが金曜日担当のヘルパーが先日、新人のヘルパーを連れてきました。

わが家に入れるヘルパーが1人でも多くいることは心強い。

急な欠勤があった時などに代わりを見つけやすいってのもありますし理想は1週、7日間を毎日違うヘルパーで入れたいぐらいです。

理由は1人のヘルパーが週に何度も入っていてそのヘルパーが長期の休むようなことがあった時に、入っている曜日全てが穴が空いてしまうから。

だから理想は7人で1週間を回したいのですが、そうそうすぐには見つかりません。

だから新人ヘルパーを連れてくるのは大歓迎なんです。

夜勤ヘルパー次々と陽性

陽性者

初めてきた新人ヘルパー。

担当のヘルパーにわが家のケアを教えられて初研修を無事に終え、土曜の朝に帰っていきました。

何とか育ってくれるといいなぁなんて思っていたのですが、翌々日の月曜日にヘルパーが所属する事業所のサ責から衝撃の電話があったのです。

なんとその新人ヘルパーがわが家の仕事を終えて帰っていった土曜日の午後に発熱したとのこと。

その後PCR検査で陽性が判明。

そしてさらに衝撃が!

一緒に入っていた金曜日担当のヘルパーが日曜日に発熱。

その後検査に行き陽性。

何と金曜日の夜中から土曜の朝まで10時間もわが家の義母につきっきりで入っていた2人が陽性。

やばいじゃん!

どうすんだよ!!

義母は完全に濃厚接触者じゃん!!!

濃厚接触者となった義母危うし!

心配のイメージ画像

夜中の23時から翌朝の9時まで義母の部屋でケアをしていた2人の介護ヘルパー。

次の日に1人が陽性。

また次の日にもう1人も陽性。

完全に濃厚接触者となった義母。

逆に義母が陽性だった!?

なんてことも少し思いながら義母を経過観察するしかありませんでした。

とりあえずいつも家には抗原検査キットをいくつか常備しているので、まずは反応をみることにしました。

義母はどうなった?

抗原検査キット

抗原検査キットの結果は陰性。

でもまだまだ気が抜けません。

10時間も同部屋にいた介護ヘルパーが2人とも陽性なんです。

1週間はかなり気を揉みました。

義母に異変が起きないことを祈りました。

結局1週間が経ち何事もなく無事に過ごせ、やっとひと安心。

内心義母がコロナにかかり介護ヘルパー2人にうつしたということも考えました。

でも義母は無事。

高齢者の寝たきりだからコロナにかかったら・・なんてことも心配しました。

このご時世、介護者は常に肝を冷やす状況です。

とりあえず無事で何より。

寝たきりと言えど、義母は今日も力強い表情で穏やかに過ごせバイタル良好!

ポチッと押してくれると泣いて喜びます👇

コロナ疑惑アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

要介護5の義母を在宅介護で看て早15年目を迎えます。
介護の世界は独特です。
最初は介護の『か』の字も全く知らなかった状態で、ここまでいろいろな経験をしてきました。
培ってきた介護のノウハウと現実を発信していきます。

コメント

コメントする

目次