1台常備しておくと便利で安心!単3乾電池4本だけで使えるポータブル吸引器

ポータブル吸引器 グッズ
スポンサーリンク

喀痰吸引に必要な喀痰吸引器。

気管切開をしている家族を在宅介護で看る際には必需品ですが、今回はメインの喀痰吸引器以外に1台常備しておくとかなり助かる【ポータブル吸引器】をご紹介したいと思います。

このアイテムはかなりいいんです。

スポンサーリンク

1台常備しておくと便利で安心!こんな時に大活躍

おすすめのポータブル吸引器『Qtum』
ポータブル吸引器『Qtum』

ポータブル吸引器。

家にメインの吸引器が1台あれば十分なのでは?と思われるかとおもいますが、1台常備しておくとこんなシーンの時にかなり重宝するんです。

メインの故障時

もしメインの吸引器が故障したら?と考えたことはありませんか。

今や電化製品(医療機器)はとても丈夫につくられているのでそうそう故障はしないと思いますが、全く故障しないという保証もありません。

わが家でも先日メインで使用していた吸引器が調子が悪くなり買い替えたのですが、万が一のことを考えると吸引ができなくなり大変なことになってしまいます。

そんな時のために備えておくとかなり安心です。

停電時

こちらも前項の故障時と同じような理由になってしまいますが、停電になったら全く使えなくなってしまいます。

毎年自然災害も増えてきて何が起こるか分からない昨今。

そんな非常事態にも備えておくことはかなりの安心感につながります。

外出時

わが家で看ている要介護5の義母は年に2回ほど腸瘻(ちょうろう)の交換で通院するのですが、その際にもポータブル吸引器をもっているとかなり便利。

介護タクシーを利用して病院まで行きますが、もちろん介護タクシーでも吸引器はレンタルできます。

でも高いんです。

各介護タクシーによってレンタル代は様々だと思いますが、僕達がいつも利用している介護タクシーでは片道分借りるだけでも3000円かかるんです。
往復だと6000円。

なかなかの金額ですよね。

また病院に到着して処置を受けるまでの待ち時間などにも、このポータブル吸引器をもっておくとかなり便利。

もちろん病院内で喀痰吸引を頼めばやってくれますが、わざわざ看護師さんを探して吸引器のある部屋まで移動して、などとやるのはとても骨がおれます。

そんな時にもポータブル吸引器があればすぐに吸引できるので精神的にも体力的にも楽です。(病院に連れて行くこと自体かなり疲れますよね。)

おすすめの『Qtum』はこんなポータブル吸引器

おすすめのポータブル吸引器のQtum
おすすめのポータブル吸引器『Qtum』

では早速、わが家でも使用しているこちらのポータブル吸引器『Qtum(キュータム)』をご紹介したいと思います。

こんなところがかなりおすすめのポイントなんです。

とにかく軽くて小さい

Qtumの横の長さ
横の長さは30㎝
Qtumの縦の長さ
縦の長さは12.5㎝

こちらのポータブル吸引器『Qtum』はとにかく軽くてコンパクト。

重量は僅か1.2㎏しかなくかなり軽いです。

大きさも「30.0㎝X12.5㎝X17.5㎝」とかなり小さいんです。

だから持ち運び時にも使用しないときの保管時にもかなり適しています。

単3乾電池4本だけで使える

Qtumの電源は2種類
『Qtum』の電源は2種類

電源はACアダプタと電池ボックスの2種類。

こちらの『Qtum』はこの電池ボックスが一番の魅力です。

単3乾電池がわずか4本で作動する優れもの。

こちらの電池ボックスにセットして本体につなぐだけで、前項で述べたような各シーンで使用できるのでかなり助かります。

Qtumは単3乾電池4本だけで動作できる
『Qtum』は単3乾電池4本だけで作動する

吸引力も問題なし

Qtumのコントロールパネル
『Qtum』のコントロールパネル

単3乾電池4本だけだと「吸引力が弱いのでは?」と心配されるかと思いますが、最大吸引圧力は‐66.6kPa。

もちろん吸引圧は調整できます。

数字で表しても全く分かりませんが、家で使用してるメインの吸引器での吸引力と比べてもそんなに弱いという印象は全くありません。

実際に介護タクシー内や病院での待ち時間に何回も使用していますが、しっかりと吸引でき問題は全くありません。

逆に「単3乾電池4本だけで普通に吸引できスゴイ!」という印象です。

その他

ポータブル吸引器『Qtum』の特徴は上記の通りですが、それ以外にもこんなところもポイントです。

専用ケース付き

Qtumがすっぽり収まる専用ケース付き
『Qtum』がすっぽり収まる専用ケース付き

専用ケースが付いていてケースにはストラップもあるので持ち運び時にはかなり便利です。

すっぽりと収まるのでいいですよね。

こんなアイテムをもっておくと便利!

コンセントもさせるAC対応のモバイルバッテリーっていうのもあるので、もっておくと更に安心で個人的にはおすすめします。

乾電池だけで作動するのでもってなくても全く問題ないですが、コンセントをさせるということは停電時などにメインの吸引器も使用できるので安心感がさらに増します。

コンセントもさせるモバイルバッテリー
コンセントもさせるモバイルバッテリー

最新機種ならこんな感じのモバイルバッテリーがいいかもしれませんね。

まとめ

ポータブル吸引器のQtum
ポータブル吸引器の『Qtum』

わが家の要介護5の義母は喀痰吸引は必須。

それに必要なのが喀痰吸引器。

現在は年に2回の通院時にしか利用していませんが本当に便利です。

外出することってかなり疲れますよね。

車椅子を押しながらの移動、いつ上がってくるか分からない喀痰、寒くないようにとか身体の体勢は大丈夫かとか気を使うことがたくさんあります。

要介護5で気管切開をしている我が家のようなご家族を看ているあなたには、かなり重宝するアイテムだと思います。

ポイント
  1. 非常時に備えて1台常備しておくと安心
  2. 軽くて小さいので外出時にはかなり便利
  3. 単3乾電池4本だけで作動
  4. 吸引力も問題なく使用できる

ポチっとしていただけると今後の記事更新の励みになります👇

Follow me!

コメント

PAGE TOP